三宅しんご

香川県 参議院
選挙区 第二支部長
OFFICIAL SITE

自民党

お知らせ

平成30年度税制改正のポイント(中小企業支援対策)

12月14日、与党の平成30年度予算編成大綱が決定。
生産性革命やアベノミクスを税制面で後押しするための
中小企業を中心とした支援策が数多く拡充されています。
ポイントを絞って、資料をまとめておりますのでご覧下さい。




「新しい事業承継税制の概要案」(2017年12月13日 自民党税制調査会小委員会 了承版)

「事業承継税制の見直し案」(概要、2017年12月12日現在、未確定)

憲法改正私案 三宅しんごメルマガ第59号紹介

本日下記、三宅しんごメールマガジン第59号を発行しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自民党は年内に党の改憲案をまとめる方針です。
今月12日、私は党の憲法改正推進本部の会議に参加し、
次のように発言しました。

「憲法9条の政府解釈を1ミリも動かさない、自衛隊が
憲法違反だとの批判を受けないようにする――これらが
前提の改正であるなら、下記のような3項案が考えられる。」

 第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を
誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は
武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久に
これを放棄する。
 2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
 3 「国の平和と安全を維持し、その存立を全うする
ために必要な自衛のための組織を置く。」

 「この3項の私案は砂川事件・最高裁大法廷判決の表現を
ベースにしたものです。」
 ――わが国が、自国の平和と安全とを維持しその存立を
全うするために必要な自衛のための措置を執り得ることは、
国家固有の権能の行使であつて、憲法は何らこれを禁止
するものではない(昭和34年12月6日・大法廷判決)――

その後、旧知の法律家から下記の提案をいただきました。

 3 「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、
我が国を防衛することを主たる
任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる組織と
して、自衛隊を置く。」

 彼の案は自衛隊法第3条「自衛隊は、我が国の平和と
独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを
主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる
ものとする」をベースにしたものです。

 私が議員になる前のことですが、5年前に自民党がまとめた
憲法改正草案では次の規定を提案しています。
「我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、
内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。」

 憲法改正を発議するのは国会ですが、その案を採用するか
どうかは主権者の皆さまが投票で決します。
21世紀にふさわしい、憲法における安全保障の在り方を国民
一人一人が真剣に考えることが憲法論議を深めることになります。
皆さまはどのような改正を望まれますか? 
それとも改憲は不要とお考えでしょうか。

三宅しんごメールマガジン第59号 (2017.6.20)
下記より、バックナンバーがご覧いただけます。
  ↓    ↓    ↓     ↓
http://www.accessmail.jp/public/bnx.php3?pk=xG5LgU

提言「イノベーション促進のための知財司法改革 --特許資産デフレからの脱却を目指して-- 」

最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ